電話番号:0120-593-888 受付時間:9:00~21:00

栗東市で住宅の屋根の瓦の張替え工事中|瓦屋根の葺き替え

滋賀県栗東市にて、瓦屋根の葺き替え工事が進んでおります。足場の組み立てが完了し、いよいよ瓦の葺き替えがスタートします。

足場も完成、新しい瓦への葺き替えをしていきます。

こちらでは、弊社の瓦屋根葺き替え工事の様子と共に、屋根の葺き替えとカバー工法の違いについて、ご紹介したいと思います。

 

屋根の葺き替え カバー工法との違い

屋根の「葺き替え」では、既存屋根を撤去し、新しく屋根を施工することになります。

瓦屋根であれば、瓦はもちろん、その下地となる部分も一新し、防水シートや断熱材などで施工しなおします。

また、既存の瓦を再利用する「葺き直し」という方法もあり、その場合は一度瓦を剥がして、下地を施行しなおし、再び元あった瓦を張っていきます。

もうひとつ、屋根のリフォームでは「カバー工法」という施工方法もあります。
こちらは、名前の通り、既存の屋根をそのままカバーするように新しい防水シートや屋根を被せる工法になります。

屋根の葺き替えはこのようにたくさんの資材を使用します。

瓦屋根の葺き替え工事で準備された新しい瓦と下地となる材料です。この瓦が新しくこちらのお宅を守ってくれます。

 

瓦や下地の材料を屋根に上げる作業も安全を確保しながら進めます。

では次に、屋根の「葺き替え」と「カバー工法」、それぞれのメリットやデメリットなども見ていきましょう。

屋根の葺き替えによるメリット・デメリット

屋根の葺き替えというと、今回のような大規模な工事になります。では、そのメリットとデメリットを見てみましょう。

【デメリット】

  • ・費用がかかる
    ・工期が長い
    ・古い瓦の処分費用がかかる
    ・工事中のホコリなどの発生

【メリット】

  • ・新しい屋根材で外観を一新できる
    ・長期間メンテナンスが不要で安心
    ・屋根の土台となる下地もしっかりと補修できる
    ・瓦など屋根材の機能性がアップしている

屋根の葺き替えは、費用や工期がかかるものの、長期的に見ればメリットのほうが大きくなるのが葺き替えになります。土台からしっかりと補修して屋根を新しく作り直す方が、結局は長持ちします。

職人の手で屋根の葺き替えを丁寧に行います。

屋根 カバー工法でのメリット・デメリット

では、既存の屋根に新しい屋根を重ねるカバー工法についてはどうでしょうか。

【デメリット】

  • ・屋根下地の劣化状況によっては施工ができない
    ・瓦屋根では対応が困難など屋根材が限定される
    ・屋根の重さで建物への負担が増え、耐震性に影響が出る可能性あり
    ・太陽光発電のための設備の設置が困難
    ・火災保険での修繕には適用外となるケースがあり不向き
    ・金属屋根での施工となる
    ・雨漏りの特定が難しくなる

【メリット】

  • ・低コストでの施工が可能
    ・屋根が二重になるので、断熱性、防水性、遮音性がアップ
    ・廃材が出ないので費用が抑えられる
    ・工期が短い
    ・ホコリや騒音など近隣の迷惑となる工程が少ない

カバー工法は、低コストでゴミが出ないので環境にも優しい工法ですが、材料を選べないことや、施工できる屋根が限られているといったデメリットも多く、それらが障壁になります。

事故のないように、安全にも気を配りながら葺き替えをしていきます。

 

瓦屋根の葺き替えが必要なケース

瓦屋根の葺き替えが必要となるのは、

  • ・複数箇所での雨漏りがある
    ・屋根の下地に深刻な劣化が見られる
    ・瓦の割れや傷みがある

といったケースです。

瓦屋根の場合、1か所のみなど、限定的な原因で雨漏りが発生している場合であれば、部分補修が可能といった強みもあるのですが、複数の個所で雨漏りが発生している場合などは全体的に下地が劣化しているため、葺き替えがおすすめです。

瓦は耐久性が高いのですが、下地の劣化は思った以上に進んでいることがあります。

瓦に傷みがない場合は、葺き直しをすることも可能です。
ただし、一部瓦を新しいものに交換しなくてはならない場合に、同じ瓦が入手できない可能性が高いです。さらに工程や手間が瓦屋根の葺き替え工事とほぼ同じですので、費用としてはそれほど変わらないという面もあります。

現在の瓦屋根の耐久性など機能性向上などを考えると、葺き替え工事のほうがお得感もあり、安心感もあります。

雨漏りなど屋根のお悩みがあったら、早めにご相談下さい。

ご予算や状況に合わせて最適な方法をご提案致します。弊社へのご相談やお見積りは無料です。

お気軽にどうぞ。

>>> 空間デザインエイトへのご相談・お問い合わせはこちら