電話番号:0120-593-888 受付時間:9:00~21:00

マンションリノベーションの注意点|プロが教えるトラブル回避術

マンションのリノベーションやリフォームについて、これまで多数のご相談をお受けしておりますが、中には良からぬ業者に依頼してトラブルが発生してしまい、フォロー的なご依頼を頂くこともあります。

分譲マンションなどのリフォームやリノベーションでは、戸建てとは全く異なる注意ポイントというのがあり、悪徳業者などに依頼すると、とんでもないトラブルが発生することもあるのです。賠償責任を問われるなどといった事態はなんとしても避けたいものです。

分譲マンションのリフォームやリノベーションで失敗しないために、まず最初に知っておきたいこと、注意したいポイントなどを見てきましょう。

マンションの規約をチェック

マンションには、「マンションの管理規約」というのがあり、たとえ自室内のことであっても、修繕をするためのルールが定められています。

そのためマンションでリフォームを検討するなら、まずは管理規約を確認しておく必要があり、工事を実施する際には管理組合への申請なども必要となります。

マンションリフォームで知っておくべき専有部分と共有部分

マンションは共同住宅であり、専有部分と共有部分があります。
自分の居室は専有部分で、壁紙の張替えや床材の張替え、キッチンの入れ替えリフォームなどは可能すが、居室の

  • ・玄関扉
    ・窓ガラス
    ・バルコニー

といった部分は共有の専有使用部分といい、勝手に変更することはできません。

リノベーションできない?!マンションには壊せない壁もある

最近よく目にする、壁を壊して広い部屋にするというマンションリノベーション。
ですが、こういったことができるマンションとできないマンションというのもあります。

マンションには

  • ・壁式構造
    ・ラーメン構造

という2つの構造種類があり、壁式構造の構造壁は壊せません。すべての壁が壊せないわけではないですが、自由度は低いと言えます。

一方、ラーメン構造は壁で支える構造ではなく、柱やハリで支えていますので、壁式構造のマンションより自由度が高く、2~3部屋タイプをワンルームにといった大胆なリノーベーションも検討可能です。

私共マンションデザインリフォームのプロにお気軽にご相談下さい。

>>> マンションのリフォームやリノベーションのご相談はこちら

共同住宅有だからこそ注意したいマンションの水回り

マンションのリノベーションでキッチンをアイランド型に変えたいといったご相談を頂くこともあります。

ですがこうした場合、階下への影響も考えなければなりません。キッチンの排水音などが上階のど真ん中にあったら、騒音問題などに発展することも考えられます。

また、配管をする見えない部分も共有ですから、配管可能かどうかといった問題もあるのです。

マンションのリノベーションを考える際は、上下階の間取りも無視できません。

事前の対策必須!近隣トラブルを起こさないために

マンションのリノベーションやリフォームでは、近隣からの

  • ・音
    ・振動
    ・ニオイ
    ・セキュリティ
    ・作業車

などに関するクレームが入ることもあります。
マンションでは、こうしたトラブルが発生しないように、事前の配慮や工事中の気配り、挨拶といった部分も重要なのです。

私共では、これまでマンションの戸別リフォームから共有部分全体の工事まで多数のご依頼を頂き施工しておりますが、大きなトラブルを抱えたことはありません。

マンションのリフォームを検討する際には、近隣とのトラブルを回避するためにも、私共のような経験豊富な施工のプロにご相談下さい。

>>> マンションのリフォームやリノベーションのご相談はこちら