電話番号:0120-593-888 受付時間:9:00~21:00

飲食店のコロナ対策に換気の出来るエアコンで新型コロナウイルス対策

飲食店の新型コロナウイルス対策の換気機能を

新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大し飲食店の自粛や時短も要請され、経済が大変な事になっています。
まずは新型コロナウイルスの感染が拡大しないように対策せねばなりませんが、生活もしなければいけないので両立が不可能になってきています。
今回は、飲食店向けの換気の出来るエアコンを紹介します。

飲食店向けの新型コロナウイルス対策エアコン

まずは従来のエアコンと、飲食店向けの新型コロナウイルス対策エアコンの違いを図で見てください。

従来のエアコンは室内の空気を温める(冷やす)

 従来のエアコンは室内の空気を冷やして(温めて)そのまま室内に吹き出しているので換気機能は無い。

新型コロナウイルス対策エアコンは外気の新鮮な空気を温める(冷やす)

 室外機に換気専用の吸気口があり、ここから換気専用のダクトを通って空気を室内機まで送り込み、暖めた空気と屋外の空気を混ぜて室内に送風します(夏の冷房時は外の熱い空気を冷房の冷たい風と混ぜて室内に送風します)。このため、冬に換気運転をしても室内が寒くなることがありません。また、シンプルな構造だけに、エアコンの冷暖房運転を停止していても、換気運転ができる。

換気の出来るエアコン、現在は一択


今のところ、換気の出来るエアコンはダイキンの「うるさらX」しかありません。
ダイキンの「うるさらX」は新型コロナウイルス対策向けに2020年11月1日に発売されたばかりの新商品です。
(家庭用向け「うるさらmini」も同時発売されました。)

ダイキンのうるさらの価格

ダイキンの家庭用うるさらminiの価格はオープンで、6畳用ならば、税込みの実勢価格は20万円弱。

最上位のうるさら29畳用の税込みの実勢価格は40万円弱。

2021年3月30日にはVシリーズ(2.2~5.6kW)発売され、価格が15万円前後となるらしい。
いずれも独自の換気機能を標準搭載する。

注文殺到中なので早めの予約を

ダイキンのうるさらシリーズは換気の出来るエアコンということで、飲食店や施設の店舗など様々な場所のコロナ対策に注文が殺到中です。
飲食店、その他の店舗のコロナ対策に換気の出来るエアコンの導入をお考えの方は、お早めにご予約ください。