電話番号:0120-593-888 受付時間:9:00~21:00

栗東市で住宅の屋根の瓦の張替え工事中|足場が完成しました。

滋賀県栗東市で瓦屋根の葺き替え工事のスタート、まずは足場を組んでいきます。屋根の葺き替えでは、しっかりと安全に作業をするためにも足場が必要になります。

足場は一時的なもので、費用もかかるものですから、「足場なしでなんとかならないの?」と思われる方もいるでしょう。

こちらでは屋根工事での足場の必要性、足場の費用をできるだけ無駄にしない方法などについてご紹介します。最後に今回の現場で足場が完成した様子も画像でご紹介しますので、最後までご覧下さい。

 

瓦屋根 葺き替え工事での 足場の必要性

安全にかつ丁寧に作業をするための足場

住宅の屋根は高さもあり、万が一の危険性も考えると足場が必要です。
不安定な脚立などで高いところで作業をすれば、丁寧な仕事はできません。

瓦屋根の葺き替えでは足場は必須です。

法令で定められた足場の必要性

足場の組み立ては「高さ2メートル以上での作業では、足場を組み立てて作業床を設ける」といった法令があるのです。

労働安全衛生規則 第二編 第九章 「墜落、飛来崩壊等による危険の防止」より抜粋

(作業床の設置等)
第五百十八条 事業者は、高さが二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部等を除く。)で作業を行なう場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の方法により作業床を設けなければならない。
2 事業者は、前項の規定により作業床を設けることが困難なときは、防網を張り、労働者に要求性能墜落制止用器具を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。

高さ2メートル以上で作業を行う場合は、この法令により足場を組む他にも、強風や大雨、大雪といった悪天候下での作業も禁止されています。

労働安全衛生規則 第2編 第9章 墜落、飛来崩壊等による危険の防止|安全衛生情報センター

足場を組む時に気をつけたいこと

足場を組む場合は、家の周りをぐるりと囲うのですが、場所によっては、足場の設置が難しいケースもあります。

例えば隣家との間が狭く、どうしても隣家の敷地に足場を組まなければならないケースも。
これはケースバイケースなので、極力近隣にご迷惑がかからないよう、工夫して足場を組み立てていきます。

また、屋根が急勾配である場合は、屋根まで足場を組むことになります。

足場の費用

足場の費用というのは、決して安いものではありません。が、足場がなければ作業自体ができませんので、できれば屋根工事と外壁塗装などを合わせて行うことで足場の費用を抑えたいですね。

一般的な2階建て住宅の場合で、足場の費用相場は20万前後。これは平米数や、建物の形状によっても変わってきます。

3階建てであれば、より強度が求められますので、やや割高となります。

工事期間だけの一時的な足場だけに、高いと感じてしまいますよね。
だからこそ、足場が必要な工事はまとめて施工したいところです。そうすれば、高いと思われる足場もより有効に活用できるわけです。

足場が必要な工事はできるだけまとめて

足場が必要になる工事にはどういったものがあるかここにご紹介します。

 

  • ・屋根工事
    ・屋根や外壁塗装
    ・外壁サイディング張替え
    ・雨樋交換
    ・高所に取り付けた窓の交換・補修等
    ・軒天・破風板の交換等
    ・増築
    ・防水工事

この他にもアンテナ工事などで足場が必要な場合もあります。

こうした工事の都度、足場を組んでいたら大変無駄な出費になります。できればまとめての工事を検討しするのが賢い選択です。

弊社は滋賀の地元工務店として、滋賀県内の住宅に関わるリフォーム、塗装、屋根の葺き替え工事まで、数多くの現場を施工してきました。

軽微なメンテナンスから今回のような瓦屋根の葺き替え工事まで、お気軽にご相談下さい。
ご相談・お見積りは無料です。

 

>>> 空間クリエイトへの無料相談・無料見積もりはこちら

 

瓦屋根 葺き替え工事 滋賀県栗東市の足場の様子

障害物を避けて足場を組んでいきます

足場にはこのように踏み板を渡します

フェンスや物置、ボイラーなどを避けながらの設置

施主様が通る場所には、安全を確保するためクッション材を巻いています

1階の屋根もこうしてみるとなかなかの高さがあるのがわかりますね

工事が始まれば、このネットを下ろし周辺の安全を確保します